マンションを売却した後の流れ

マンションの売買契約が決まったら、次は「決済」の準備をしなければなりません。売買契約をした後から決済までの間に確認しておく必要がある事項について、お話ししていきます。

売買契約が完了したらチェックしておくこと

売買契約が済んだらすぐに決済の準備ができると考えがちですが、実はそうでもありません。まずは、買主の住宅ローンについて知る必要があります。マンションを「現金で購入する」という人はほぼいなく、一般的には購入に際しては住宅ローンを利用する買主が多いでしょう。

買主の中には売買契約の前に住宅ローンの仮審査を通過している場合もありますが、売買契約後に住宅ローンの審査を受ける場合もあります。

この場合は「住宅ローンの審査が通らなかった」ということもあり、せっかく結んだ契約が解除となるケースがあります。そのため、売買契約後の各種手続きは、買主の住宅ローンの審査が通り、正式な決済の日が決まった後に行うようにします。

金融機関への連絡をする

売主が現在売却をしようとしているマンションに、住宅ローンが残っている場合には、手続きが必要です。

銀行に連絡する

住宅ローンを組んでいる場合には、マンションを担保として金銭を借りている形になります。そのため、他人に売買する際には、現在設定されている「抵当権」を外してもらう必要があります。

抵当権を外すためには、住宅ローンの残債を一括で返却しなければなりません。この住宅ローンの一括返済は、買主からの売却代金でまかなうことになるので、やはり決済日が確定してからの電話になります。

銀行に連絡する時は「売却をする」ということと「決済日はいつ」という旨を伝えます。買主からお金が入るまでは、抵当権が外せませんので「決済日」が分かった時点で、早急に銀行へ手続きをします。

マンションの管理組合に連絡をする

売却により、そのマンションに住むことはなくなるのですから、当然管理組合の資格がなくなります。忘れずに手続きをしなければなりません。

管理組合によって、手続きの書類は違うので、今後の手続き方法などについてきちんと確認が必要です。

また、書類の記載方法ですが、売主(旧所有者)の記名押印だけでOKな場合と、買主(新所有者)の記名押印も必要な場合があります。両者の記名押印が必要なものであれば、事前に売主が記入して準備をしておき、決済の日に買主に渡すと、後は新所有者である買主が手続きをすることになるので、非常にスムーズに事が運びます。

引越し業者への連絡

マンションの売却は、売買契約が決まってからが忙しくなると言われます。「引越し」も段取りを決めて行わないと間に合わなくなる可能性もあります。シーズンにもよりますが、自分の希望のスケジュールと引越し業者の予定が合わないというケースもあるので、しっかりと行いたいところです。

決済日が決まって、完全に引渡しができるのであれば早々に引越し業者に連絡をして、引越し日を確定しておきましょう。

また、その日に合わせて引越しの準備をします。新しい家に引っ越す時は、何かと不要な物が出てくることも多いです。処分などについても家族で話し合って、スムーズに引越しができるように、準備をしていきたいものです。