マンション売却にかかる仲介手数料と支払うタイミング

マンションを売却する時には、さまざまな費用が発生します。そして、売却に際しては、不動産会社が仲介となるケースがほとんどでしょう。

そこで必要となるものに「仲介手数料」があります。仲介手数料は、マンション売却にかかる費用のうちでも大きいものですから、事前に覚えておくといいでしょう。

仲介手数料とは何か?

マンションを売却しようとした時に「売却額」がすべて自分の収入になる訳ではありません。マンションの売却時には、不動産会社を介して買主を見つけてもらい売買契約をするものです。

買主を見つけるためには、広告を出したり宣伝をしたり等の販売活動が必要であり、また経費がかかります。

販売活動にかかる費用は買主が見つかり「成約」に至った場合には、不動産会社に手数料として支払わなければなりません。つまり売買契約が成立しないうちは支払う必要のない費用です。

マンションを売却する際には「売却金額=所得」と考えがちですが、そこから仲介手数料を始め、さまざまな費用が差し引かれていくことになるので注意しましょう。

どのくらい払うの?

マンションなどの不動産を売却しようとして、不動産会社に頼んだ場合には「仲介手数料がかかる」のを認識している人は多いでしょう。ただし「どのくらい支払うか」については、明確にご存知の方も少ないのではないでしょうか。

次のような計算式がある

仲介手数料については、以下の算式が通常用いられます。

売買価格の3.15%+6万3,000円

しかし、6万3,000円という半端な額は何なの?と多くの方々が疑問に思うものです。実は、仲介手数料については宅地建物取引業法で、売却金額の幅によって細かい規定があるのです。

それでは、3,000万円でマンションを売却した場合の仲介手数料について見ていきましょう。

合計=10万5,000円+8万4,000円+81万9,000円=100万8,000円ということになります。

段階ごとに税率が変わるため、少し分かりにくいため、売買価格の3.15%+6万3,000円という算式において、計算を簡素にしてあります。

3,000万円でマンションを売却した場合は、3,000万円×3.15%+6万3,000円=100万8,000円となります。

必ずこの金額の仲介手数料が必要か

宅地建物取引業法において定められているのは、上限の金額です。つまり、この額を超えて手数料を売主から頂いてはいけないということになります。そのため「仲介手数料は割引します」という不動産業者もいるでしょう。

その辺は、不動産会社の自由な考えのもと行っていますので、売主側として注意したいのは「支払い過ぎないように」というところだけでしょう。また、上記に用いた算式は400万円以下の売却金額には利用できません。

どのタイミングで支払えばいいの?

仲介手数料を不動産会社に支払うタイミングですが、次のようなケースに分かれます。

どちらで支払うのかは、各不動産会社によって異なるため、事前に確認しておく必要があります。