会社によって買取価格は異なる?

買取価格は価格業者によって価格は異なります。売り手はインターネットで複数の業者に一括査定を利用してほしいのです。

何故?異なるのか

ズバリ!買取後のの物件をどのような用途で利用するかは多種多用です。

一部をあげてみましたが、これだけの使い道ができるわけです。「どうしてもこの立地がほしい!」と日々情報を収集しています。多少価格が跳ね上がっても買取したい!というのが買取業者の心理といえます。

売り手も買取を利用したいという条件もありますよね。

売り手の条件

売り手、買い手のお互いの状況と条件が一致すれば即売却、現金の決済が可能になる仕組みです。ローンに関する問題も売り手のかわりに買取業者が金融機関と交渉してくれるので、売り手側にありがたい制度なのです。

買取業者の依頼する前に

買取が何故?早く取引できるのか?それは、買取後の物件の利用方法が決まっているからと分かれば複数の業者から一括で査定をする流れになりますが、少し待ってください。

買取業者の中には悪質な業者も潜んでいます。どのような点を注意すれば良いか考えてみましょう。

「買取を強調してくる業者」に注意

仲介や買取の意味もわからずに一般の不動産業者に依頼すると、稀にあるケースです。「いきなり買取の提案する」業者は注意が必要なのです。

実例

仲介業者が先に2500万円の物件を探しているお客様の情報が存在していて、利益が約束されているケースです。

売りたい物件の立体をみこんで2500万円の価格を希望している売り手がいたとします。「立地条件をみると買取では1500万円ぐらいですが、今ですと2000万円ぐらいで当社で買取ができます。」と提案がありました。

売り手は仲介で売りたかった、しかし買取の仕組みやメリットを聞いて買取で不動産を売却しました。その業者は、すぐに2500万円で物件を探しているお客さんと契約を結びました。

業者は売り手に2500万円の物件がほしいお客さんの情報を知らせないまま、売り手から買い取った物件をそのまま転売して、2000万円で買い取った物件を2500万円で転売したことで500万円の利益が生まれように仕組んだのです。

そのまま転売したということは売り手には買取。お客さんには仲介として契約していたら、もし物件に見えない箇所で欠陥していたら瑕疵担保責任の負担はどちらが負うのか問題が生じてしまうことでしょう。

仲介の場合は売り手が責任を負います。買取は買い取った業者が責任をおうため、物件をリフォームして生まれ変わらせてから転売します。実例の業者は瑕疵担保責任をあいまいにして利益優先で交渉を進めていたのです。

買取すると決めたら買取業者に依頼すること。トラブルに巻き込まれないための対応策です。