家やマンションの買い取りに掛かる費用と期間

買取は不動産をそのまま買取専門の業者に売ることをいいます。大まかにいうと、費用は仲介よりかかりません。期間も仲介よりは短いのです。

買取にかかる費用とは?

仲介手数料

売買代金の3%と6万円と消費税(2000万円で売却すると、2000万円✖️3%➕6万円=87万4,800円)。仲介だとこの金額が仲介手数料でかかりますが、買取の場合はかかりません。

広告代

チラシに記載されないので不要です。

印紙代

郵便局で販売されています。2000万円での売買したとして、印紙代は1万5,000円です。抵当権抹消登記など、不動産を売却するには不動産登記を消滅するための手続きが必要です。

抵当権抹消登記の費用

2万円~15万円程度です。売却時に利益が出た場合に、譲渡所得が課税されます。

まとめ

印紙代 1万5,000円
抵当権抹消登記費用 2万円
譲渡所得税 0円
約3万5,000円は買取にかかる費用です。※ローンが売却時に完済しているという前提で計算しています。

ローンが完済していないと売却はできません。その場合は買い替えローンを使ったり、売却益から差し引きして完済します。

買取にかかる期間

買取の主な流れ

業者に査定を依頼する

査定額を出してもらう

買取業者を決定

売却時の期間などを業者と打ち合わせする

売買契約を結ぶ

残金決済、引き渡し(期間は1週間~1ヶ月)

仲介の場合

査定を依頼

価格を提示

チラシなどの広告活動

買い手見つかる

買い手の住宅ローンの審査、価格交渉

買い手と契約

残金決済、引き渡し(期間3ヶ月から1年以上)

※引き渡し後に配管などの隠れた欠陥が見つかった場合、瑕疵担保責任により3ヶ月まで売り手の負担で修復しないといけなくなります。

スムーズよく進めるためには

業者に査定を依頼する際にインターネットの不動産売却サイトでシュミレーション査定しておくと、一括で複数の業者から査定を受けられます。比較して、高い査定額を出した業者を絞っておきましょう。

買取は転売目的や賃貸経営といった目的で買取します。業者の価格や条件面があえば早くて1週間から1ヶ月の間に契約が結ばれます。

何故なら面倒な手続きなど、最近では司法書士として従事していた人が不動産買取り業者を運営していたりと、ローンや各手続きの流れも全て対応してくれることもあるのです。
それにより、売却期間が短くすみ、諸々の事情からなる資金計画が立てやすいのが買取のメリットです。

これらの事情を抱えての不動産の売却を考えてるのなら買取が売り手の悩みを解決してくれる手段なのです。