残債がある場合は住宅ローンを一括で完済する必要がある

住宅ローンが残っている段階で家やマンションを売却する際に、事前に家の売却価格を事前にシュミレーョンしていく必要があります。

抵当権について考えてみよう

住宅ローンには抵当権というのが同時についてきます。抵当権とは、金融機関が住宅ローンが事情によって返済できなくなった場合に、その土地と家を金融機関が取り上げるという権利です。

金融機関はお金を回収するのが仕事です。回収できない場合のための担保として抵当権を設定しているのです。

抵当権設定登記についてみてみよう

抵当権の設定は住宅ローンを組む際に金融機関と間で交わされる「抵当権設定契約書」をもとに手続きされます。この登記が家を売却する際に重要なポイントになるのです。

ローンを一括返済しないといけない理由

住宅ローンが完済した場合、金融機関から抵当権の解除手続や抵当権抹消登記に必要な書類が送られてきます。もし、売却時にローンが残っていたら、抵当権の解除手続きや登記の抹消手続きもできません。

「抵当権付きの不動産」は買い手がつきません。売却を真剣に考えているのなら、売却時にローンを完済しないといけないのです。

残債があったまま売却した場合は?

売却代金で得たお金でローンを完済すれば良いのですが、売却代金で差し引いてローンが残ってしまったら、買い替えローンを利用して、ローンの残債を買い替えの時に申し込んだ住宅ローンに上乗せする方法の他に、「任意売却」という方法があります。

任意売却とは、 売却時にローンを一括返済できない場合に、ローンを残したまま抵当権を解除してもらうことをいいます。任意売却は住宅ローンを申し込んだ金融機関から認めらてから手続きを行います。

任意売却は、売却時までに月々の返済をきちんとしている場合のみおこなえます。支払いが滞納していると、金融機関は任意売却を認めることは困難です。

任意売却を検討の際は専門家や、その部類に強い不動産業者に相談してから慎重に検討してください。

任意売却のメリットとデメリット

なるべく一括で払ったほうが後の売却の手続きも簡単に終わります。売主はローン返済が売却時までに完済するか確認してください。どうしても、一括で払えなくて任意売却を利用する際に任意売却のメリットとデメリットを知っておく必要があります。

任意売却のメリット

任意売却は住宅ローンの支払いが難しくなった場合に使う方法です。家を売却する際にあまり使いたくない方法ですが、本当任意ローンが売却時までに払えないときは、最後の手段として使ってほしいものです。

住宅ローンを完済してから家を売却する!

それが売却する前提です。いろんなリスクが起きる不動産の売却は、売却にリスクがないようにしっかりとした不動産の買取や仲介などの知識を身につけることも必要です。