買い手はたくさんいたけれど

土地の売却というのは、予想以上に大変です。まず不動産探しから始まるのですが、不動産といってもそれぞれ違います。小規模なものから大規模なものまであるわけですが、対応というのもかなり違います。

このとき対応してくださった方は凄く丁寧な方で安心出来ました。しかし、他の不動産の担当の方には、ぶっきらぼうといいますか、お粗末な対応の人もいました。その不動産には、一回しか行きませんでした。

最初の対応で、印象が最悪になってしまいました。もしかしたら、その人だけ対応が雑ということもあるかもしれません。ですが、それでも今後も行かないことと思います。

結局A社に決めたのですが、土地の売却は初めてということもあって、話が最初はちんぷんかんぷんだったというのが正直な感想です。ですが、分からないところを分からないままにしておくのは不安だったので、分からないところはとことん聞くようにしました。

そのうち、少しずつではありますが話が理解出来るようになっていきました。売る予定の土地の立地は予想以上によいところだったらしく、買いたいという人は結構いました。ですが、突然でキャンセルされたりなどあって、売るまでにはかなりの時間があったように思います。

買いたいという人がたくさんいてもこんなに決まらないものなのかと、次第には焦っていきました。ですので、買い手が決まったときには本当にホッとしました。買いたいという人が多いというのも、大変なのですね。