売却に期限がある場合は買取の選択肢も

不動産を希望通りの価格で売却したいのは誰でも考えるはずです。しかし「期限」がどうしても発生してしまいます。仲介契約期間内で買い手がなかった場合はどうしますか。

仲介契約期間が切れてしまった場合

法律で仲介契約期間は「3ヶ月未満」と決まっています。3ヶ月過ぎた時点で売り手は仲介契約を継続か終了するか選択できるようになっているのです。

そのまま継続か。違うカタチで売却手段を考えるかは売り手次第になります。業者に言いにくいと思いますが、仲介契約の更新は売主側の主導が絶対条件になっているので、売主側の提案を業者にしても良いというわけです。

ポイント

業者によっては買取に切り替えが仲介契約期間内でも可能な場合もありますので、業者に査定依頼する際の参考にしてください。

買取は損か得か

仲介で売れなかった不動産を買取で売却するのは損か?得か?それは売り手の考え次第になります。

買取のメリット

買取のデメリット

売主の考え方次第

買取のデメリットは売却価格が安くなることです。メリットのところで、「売却した後の欠陥など見つかった場合修復する費用は売主負担になるなど瑕疵担保責任を負わなくても済む」という点です。

買取した後の家やマンションは、業者によって新築の内装のようにリフォームされます。それは業者に「瑕疵担保責任を2年以上負わないといけない」ため、見えない箇所の欠陥を無くすために大々的にリフォーム工事を行うのです。

リフォーム費用はだいだい400万円~600万円をかかるため、この費用や物件の利益が見込めるかを定めるとどうしても売却価格が安くなります。

買取は手元に残るお金を少ないかもしれない、しかし仲介では売れないような立地条件でも業者のニーズに合えば売れる可能性はあります。早く売れる!というのが最大のメリットです。買取は損か得かは売主の考え次第です。