不動産屋と結ぶ、おすすめの媒介契約

不動産屋に売却の依頼をするときには「媒介契約」を結ぶ必要があります。契約内容が明記されている書類ですので、きちんと理解しておきたいものです。

しかし、契約には3種類のスタイルがあります。この契約方法の種類については、不動産屋の方で勝手に決めるのではないので自分に合った契約方法を選択必要があります。

しかし、その内容をしっかりと把握した上で契約をしなければ後悔に繋がります。では、3種類の媒介契約の内容についてと、おすすめの媒介契約についてお話ししていきたいと思います。

仲介を頼む時に交わす「媒介契約」とは?

マンションを売却しようと決め、納得の価格で売却をするためには、仲介してくれる不動産会社の販売活動の内容が重要になってきます。販売活動の内容は媒介契約によって若干異なるので、不動産屋が行うサービスの内容、買主が見つかった時に支払う手数料の件などを事前に明確にしなければなりません。

それを書面にするのが「媒介契約書」です。「どの期間売却を依頼するか」「売却時の金額」「不動産屋と依頼主の詳細」「売買契約が決まった時の手数料」などについて、細かく明記されています。

しかし、売却するための契約には3種類の方法があるので、自分に合ったものを売主側が選択して決める必要があります。

3種類の契約方法とは?

一般媒介契約

売主は同時に複数の不動産屋に媒介契約をすることができます。また、それとは別に自身が親戚や知人などの中から買主を見つけることも可能です。複数の不動産屋に依頼することで、それぞれの広告や販売活動を通じて多数の人の目に触れることになり、チャンスが増えるとも考えられます。

ただ、不動産屋側にとっては「一生懸命販売活動をしても自社で売買契約をしてくれるとは限らない」と考えてしまい、販売活動が抑え目になることもあります。また、複数の不動産業者とやり取りをするので、売主側としては、それぞれとの不動産屋とのやり取りをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

専任媒介契約

媒介契約は「1社のみ」と決まっています。しかも、不動産屋にとってはライバルがいないこともあり、販売活動を積極的に行ってくれます。

そのため、一般活動よりも広告・宣伝に力を入れてくれるものです。また、依頼者自身で買主を見つけることも可能です。

専任媒介契約の場合は、不動産屋が販売活動内容を売主に報告する義務があり、2週間に1回以上は不動産屋から連絡が来るので安心な面もあります。

専属専任媒介契約

基本的なことは専任媒介契約と同じですが、売主が自身で買主を見つけることはできません。

おすすめの契約方法ってどれ?

このように契約には3種類あります。内容も微妙に違っていますし、自分の売ろうとしているマンションにとってどれが最適かを見極めて契約をする必要があるでしょう。これは、物件の内容によってケースバイケースということになります。

一般媒介がおすすめのケース

一般的に言われるのは「複数の不動産屋に依頼できる一般媒介がいい」とも言われています。

このスタイルですと、情報が広がりやすいので、明らかに好条件の物件の場合にはおすすめです。「人気」となるであろう物件の場合は、依頼した複数の不動産屋も販売活動に積極的になることが多いです。

専任媒介契約がおすすめのケース

広告を出しても不人気であると予想されるケースは、こちらのスタイルがおすすめです。あまり条件の良くない物件で一般媒介契約を結んでしまうと、不動産屋はコストをかけても契約に結びつかないと判断し、ほとんど販売活動を行わないこともあります。

いずれにしても、メリットやデメリットがあり、自分の売ろうとしているマンションがどの契約方法に適しているかを見極め、信頼できる不動産屋を選ぶことが重要です。