売らずに貸すという選択肢も

家を売るのが全てではありません。家を売るのではなく、第三者に貸すという選択もあります。

家を売却したほうが得か、家や土地の所有はそのままに賃貸として家賃収入を得た方が得か。長いスパンで検討していく必要があります。

家を賃貸物件として活用するメリット

転勤や、定年対象して田舎に移住するために家を売却せずにそのまま賃貸物件として活用することがあります。
住宅物件で分譲賃貸と記載されている物件がこれにあたります。
転勤で地元に帰ってくるまでの期間内だけ貸し出すケースもあります。

メリット

賃貸物件を活用するにあたって最大のメリットは家賃収入と節税対策です。

例えば、家賃収入より建物の管理費や税金、諸費用が多くなり年間収支が赤字になってしまった場合、給与所得から差し引きます。差し引いたことで所得合計が少なくなるので、所得税や住民税や税金対策になり、確定申告することで所得税の還付を受けることができて節税たになるのです。

他にも相続税や贈与税の節税対策として賃貸物件の活用が多く使われています。

デメリット

賃貸物件として活用して、家賃収入を得るためには、入室者がいないとはじまりません。入居者が入ればでちゃんと家賃を払ってくれば問題がありませんが、家賃滞納で終いには夜逃げして連絡つかない状況になるかもしれせん。

入室者が夜逃げしてしまうと、部屋に残された残置物の処分の費用がかかるリスクを背負う覚悟が必要です。

不動産管理会社に委託してリスクを回避する

空室、家賃滞納、夜逃げ、クレーム、火災、建物の維持、室内の水漏れなどの修理の負担などリスクはつきものです。

火災保険に加入したり、税金や家賃収入から払うなど自分でできる範囲で対応してください。1人で抱えるにも限界があります。

このようなリスクの回避やクレームの対応などを賃貸物件を扱っている仲介や不動産管理会社に委託する手段があります。そうすることなよって空室からクレーム対応まで会社がやってくれます。

結局、どちらが得なんだろう?

上記にあてはまれれば売ったほうが得になる可能性が高くなるようです。売るのがいいのか、貸すのはいいのか。ローンの有無、立地条件、物件の状態や売主の事情で左右されます。

いろんな角度から検討して、どちらが自分に取って得が比較してみてください。