不動産売却での媒介契約は最初は短く設定する

マンションを売却する時に、不動産会社を介して買主を見つけるのが一番安心の方法でしょう。個人間での取引も可能ですが、やはり細心の注意を払わなければならない不動産の売却はプロにお願いするのがベストと言えます。

そこで不動産会社と媒介契約をして買主を見つけてもらうスタイルとなります。一般媒介契約の場合は複数社に同時に依頼できますが、専任媒介契約は1社のみ。

そこで問題なのが「この不動産会社は大丈夫なのか?」というところでしょう。後から不満を感じることのないように、上手な専任媒介契約の結び方をご紹介していきます。

媒介契約の期間について

一般的に媒介契約を結ぶ場合の期間は3か月がほとんどですが、実際には専任媒介契約では3か月以内と定められています。これは「最長で3か月まで」ということなので、実際には1か月にしても、2か月に設定してもOKなのです。

しかし、実際には不動産売却が初めての売主側は、専任媒介契約を結ぶには「3か月」が契約期間だと思ってしまいます。そのため、専任媒介契約を結ぶ際には不動産会社に言われるまま、3か月の期間で契約をするケースが多いです。

しかし、ここで注意して欲しいのが専任媒介契約の場合には、1社のみにしか依頼できないということ。万が一、その不動産会社が思ったよりも不親切だった、動きが鈍かった、などの状況が見られたら後悔してしまいます。3か月も契約期間があるということになってしまいます。

そこでおすすめなのが初めの契約を短めに設定することです。

専任媒介を短く設定するのがおすすめの訳とは?

契約期間を短く設定することで、不動産会社との相性や動き、信頼性を確認することができます。契約期間は極端な話、1週間でも2週間でもOKとなっています。ただ、こんなに短いと不動産会社が「熱心であるかどうか」の判断がつきにくいものです。

そのため、せめて1か月間は様子を見たいものです。この間に、一生懸命動いてくれるかどうかを見極めましょう。

しかし、多くの不動産会社は3か月の期間で設定しようとするでしょう。そこで売主側が「初めは短く設定してほしい」というと、何かしらの反応をします。この反応も「親切な不動産会社かどうか」のポイントとなります。

「1か月だと短いですよ!」「専任媒介契約は3か月と決まっていますよ!」などと言う不動産会社は残念ながら、誠意のある不動産会社ではないでしょう。

「はい。1か月でも尽力させていただきます。」「契約を更新していただけるように全力で頑張らせていただきます。」という返答をする不動産会社は、信頼できると考えてもいいのではないでしょうか。

専任媒介契約の更新について

媒介契約を結んで、設定期間内に買主が見つかれば売買契約となります。しかし、期間を過ぎても買主が見つからない場合には、売主は媒介契約の更新をすることになるでしょう。

ただし、ここでそれまでの不動産会社の活動に対して不信感を持っていて他の不動産会社に変更したいと考えているなら更新しなければOKです。

あくまでも契約の更新は「売主側が申し出る」ということに定められています。例えば次の場合の更新は無効です。

不動産会社:「そろそろ契約が満了します。同じ条件で更新をしましょうか?」
売主:「はい。そうですね。お願いします。」

このように不動産会社から電話等による申し出に、売主側がOKと言っただけでは、原則「無効」であるとみなされます。

売主側が不動産会社に「更新をする」と申し出て、不動産会社が内容に了解した時点で更新が成立します。この際は、契約を更新する旨の書面を交わします。

このように契約期間には期限があり、また、契約の更新には売主側が優位にたっているので、初めての不動産会社との取引は「最初は短めに設定して様子を見る」というのが、かしこい媒介契約の結び方となるのです。