家の売却にかかる税金の詳細と税金を支払うタイミング

不動産を売却するにも何かと費用がかかります。売却時の税金がかかることはご存知でしたでしょうか。今回は不動産の売却にかかる税金を見ていきましょう。

不動産を売却したときにかかる税金

譲渡所得が課税される

譲渡所得とは個人が土地、建物などの不動産を売却したときに生じる売却益にかかる所得税のひとつです。不動産を売却時までの所有期間の年数によって住民税が課税されます。

譲渡所得

土地または建物を取得した日から譲渡した年の1月1日までの所有期間が5年を超えるもの
課税区分・・・長期譲渡所得
税率・・・20%(所得税15%、住民税5%)

土地または建物を取得した日から譲渡した年の1月1日までの所有期間が5年以下のもの
課税区分・・・短期譲渡所得
税率・・・39%(所得税30%、住民税9%)

譲渡所得の計算

課税譲渡所得金額=譲渡対価・(取得費・譲渡費用)・特別控除

長期譲渡所得の税額の計算
課税譲渡所得金額×税率20%

短期譲渡所得の税額の計算
課税譲渡所得金額×税率39%

印紙税
不動産を売却をして、売買契約を結ぶ不動産売買契約書には、契約金額に応じて収入印紙を貼ります。この際に印紙税が課税されるのです。

印紙税額
100万円超 500万円以下・・・税額2000円
500万円超 1,000万円以下・・・税額10.000円
1,000万円超 5,000万円以下・・・税額20,000円
5,000万円超 1億円以下・・・税額60,000円
1億円超 5億円以下・・・税額10万円

譲渡所得に適用される特別控除

居住用財産の3000万円特別控除

【居住用住宅を譲渡した際に生じる譲渡所得か特別控除として最大3000万円を差し引くことができる特例】

所用条件

※この特例を受けるための目的で仮住まいしていた場合は対象外です。

その他の特例

税金を払うタイミング

所得税と住民税の納付する時期は売却した翌年です。

ポイント!

譲渡所得がある場合は売却した翌年の3月15日までに確定申告が必要です。会社勤めで年末調整をしていても確定申告は必要なので必ず行ってください。