家やマンションの買い替えは、売却と購入のどちらを先にすればいい?

家族が増えた、子供が自立をして家が広くなった。と人生設計において色々な場面に遭遇します。

家を買い替えて新しい人生を送りたい。と新しい家を決めるのが先か?住んでいる家の売却が先か?どちらが先に進めたらいいのでしょうか。キーポイントは「引き渡し時期と住宅ローン」です。

家を売却してから買い替えの物件を探すケース

家を売却する

売却の契約する

売却代金の受け取り

引越し

売却の契約してから、だいたい2ヶ月~3ヶ月ぐらいです。売却の契約の契約する時期に買い替え先を探すのがベストです。

買い替え先を探す

買い替え先の購入、契約

買い替え先に引越し

このケースに適している条件

メリット

売却期間にゆとりがある

デメリット

売却期間が限られているため買い替え物件が期間内に見つからな場合、仮住まい用の賃貸物件を探さないといけない

買い替え先物件購入の後に、物件の住宅ローンの審査を通さないといけません。売却物件のローンが残っている場合は、二重ローンにならないように「買い替えローン」制度を使えます。

残りのローンと、買い替えのローン一つにする制度です。扱っている金融機関の一定の条件が適していれば適用できます。

また、買い替え購入の売買契約に「買い替え特約」をつけておくことや、期間内に売却できなかった場合も考えて、業者に「買い取り保証制度」を利したり、リスクを低くする方法を考えることも必要です。

買い替え物件を購入してから家を売却するケース

買い替え先を探す

買い替えは物件を購入、契約

諸費用を払う

諸費用を支払までの期間はだいたい2ヶ月~3ヶ月です。その間に家を売却する手続きを行います。

家を売却する

売却の契約をする

売却代金の受け取り

買い替え物件に引越し

このケースの適している条件

メリット

買い替え物件を探す時間が十分にあるのでゆっくり物件探しができる

デメリット

残りがローンがあれば二重ローンになる可能性があり、家計を圧迫する

このケースは売却時点でローンが完済されていることが前提だということがわかります。2つのメリット、デメリットをよく理解をして、自分に適しているのはどのケースか?

一定の期間で家が売れないリスクを想定して、買取を選択することも意識してとくと良いでしょう。買取は引き渡し時期を先延ばししてくれる業者もありますので、査定依頼の際に確認してみてください。