売りに出したマンションに買い手がつかない原因

マンションの売却には不安がつきものです。その不安の最も多くを占めるのが「本当に売れるの?」というところ。売りに出したからといって、必ず売れる、すぐに売れるとは限らないのが現状です。

ここで大事なのが「なぜ売れないのか」という原因を知ることです。

内覧者の有無で理由が若干違う

売りに出したマンションが何か月も売れないと、不安になる方も多いのではないでしょうか。不動産会社と媒介契約を結んだ当初は、すぐに売れると思っていても、月日が流れるにつれて「本当に売れるのか」不安が募ってきます。

また、その間に内覧者はいましたか?内覧者がいたのに売れない場合と、内覧者がほとんどいなくて売れない場合では「売れない理由」が少し違います。

広告で物件に興味を持った人は必ず内覧する

マンションは大きな買い物です。そのため、広告で興味を持ったらまずは「問い合わせ」をして「内覧を希望」します。内覧なしでマンションを購入する人はまずいません。

そのため内覧が全くない、ほとんどないという物件は、イコール「興味を持たれていない物件」ということになります。そこで「内覧がない」場合の理由について考えてみましょう。

マンションの売却価格が高い

最も大きい理由は「価格」にあります。いくら立地条件が良く、間取的に何の問題がなくても、価格が自分の予算よりもかけ離れて高いと、その時点で候補から外れてしまいます。価格を見ただけで「問い合わせ」もしないでしょう。

大きすぎるマンションの場合

世帯数が多く、同じマンションで同時に複数の物件が売却されている場合もあります。マンションの売却は「秘密にしたい」として、チラシや広告に出さない売主もいるので、水面下で他の部屋が売りに出されている可能性もあります。

普通であれば、大きいマンションは人気のはずですが、このように知らないところで同タイプの部屋が安く売られていれば、好条件であるそちらが注目されてしまう可能性もあります。

需要がない

そもそも立地条件が悪かったりの理由からマンション自体に興味を持ってもらえない場合、物件を探している人の「購入したいという検討リスト」にさえ入らないでしょう。初めから「対象外」になってしまう可能性もあります。

ただし、自分の気に入った立地でなくても、価格にお手頃感があると問い合わせ自体はあるかもしれないので、やはり前述のように価格が相場より高い可能性もあります。

問い合わせがないということは需要がないということ

前述のように「価格が高い」というような理由だけなら、値下げすることで対処することが可能です。立地が良く人気の場所などであれば、仲介を頼んだ不動産会社に問い合わせがあるでしょう。問い合わせがあった場合には、お客さんの方から「価格が少し高いが内覧したい」などという前向きな言葉が聞けるものです。

また、専任媒介契約などでは、レインズに登録して他社の不動産会社からの問い合わせも普通はあるものです。しかし、この問い合わせが全くないというケースもあります。

こういった場合は、そもそも「需要そのものがない」と考えるより仕方ありません。この状況はとても深刻なものです。

これらのように、注目度の低い、購入の検討さえもしてもらえないマンションは対策がとても難しいものです。すぐにできる対策としては、価格を調整して「条件は悪いけれど買ってもいい」くらいの価格まで下げることが一つ目です。

また、次にできる対策は長期にも及ぶ可能性もありますが、価格を下げず長い時間をかけてでも「買主との縁」を待つのが二つ目です。売れない理由を不動産会社の担当者と相談の上、それにあった対策をしていくのが一番です。