マンション売却で不動産屋が行ってくれる仕事の内容

マンション売却では不動産屋に仲介を頼むという人が一般的ですが、依頼された不動産屋はさまざまな広告活動をしてくれます。マンションを売るためには「買主の目に触れさせること」が重要です。

この売却活動の内容によって、売買契約に結びつけることかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。

では、不動産屋が行ってくれる広告活動にはどんなものがあるのでしょうか。一般的には大きく分けて4つの方法があります。

インターネットを利用する広告活動

パソコンやスマートフォンなどが普及している現代では、インターネットを通じてあらゆる情報を得る人が多いでしょう。不動産購入に興味がある人も、まずはインターネットで検索を始め、豊富な情報を探し出していることが多いです。

そのため、不動産屋はそれらの人を対象に、売主の物件情報を登録します。ホームズやアットホームなどの物件情報サイトやヤフーなどの不動産情報に登録することで、それほどコストがかからず、かつ、数多くの人の目に触れることに繋がります。

インターネットを利用する広告活動の良さは「本気で不動産購入を考えている人」の目に触れることです。新聞やフリーペーパーに入っているチラシは興味のない人にも配られてしまいますが、インターネットの不動産情報は本気度の高い客の目に留まります。

新聞広告、チラシを利用した広告活動

一度にたくさんの人数に宣伝できるため、一気に何人かの購入希望の人が見つかるケースもあります。

また、インターネットを使用しないような年代の人の目にも宣伝ができます。そして「時期は未定だが不動産購入を考えている」というような人の目にも留まり、チラシに載っている間取や写真を見ることで「ちょっと内覧に行ってみようかな」という気分にさせることもできます。

ただ、一度に多くの人の目に留まってしまうためマンション売却を「秘密にしたい」という人には不向きです。新聞広告の場合は、ピンポイントで限定するのは難しいかもしれませんが、フリーペーパーの場合などのポスティングの場合には事前に「○○地区にはポスティングしないで欲しい」というような希望を伝えておきましょう。

レインズの登録による広告活動

不動産業界で情報を共有し合うシステムであるレインズの登録です。このシステムに登録することで、数多くの不動産屋が物件の情報を確認できます。

これにより、媒介契約を結んだ以外の不動産屋からのルートで買主が見つかることもあります。もし専任媒介契約で1社のみとしか契約できないスタイルでも、レインズの登録で他社の不動産屋の目にも入り、売却の窓口が広がるチャンスに繋がるのです。

専任媒介契約では契約後7日以内、専属専任媒介契約では契約後5日以内にレインズに登録しなければならない決まりなので、不動産屋に確認しておきましょう。ただし、一般媒介契約の場合にはレインズに登録する義務はありません。

その他の広告活動

前述までの活動は、明らかに多くの人に向けて発信している広告活動です。その他、不動産屋は小さいながら広告活動を行っています。

それは不動産購入のために自社に来店したお客さん、または相談を受けたお客さんにそれぞれ紹介することです。これらは、どちらかというと積極的な広告活動とは言えず、情報はあまり広がらないタイプの消極的な活動ですが、地道ながらも買主が見つかるケースもあります。

広告活動費は不動産会社持ち!?

一般的には、これらの広告活動にかかる費用については売主側が負担する必要は通常ありません。ただし、不動産屋の中には悪徳な会社もごくまれに存在します。普通は契約が成立した場合には「仲介手数料」として売主が不動産屋に手数料を支払いますが、それにプラスした形で「広告費」という名目で請求するケースもあるようです。

こういったトラブルを避けるためにも、媒介契約を結ぶ段階で「広告費の請求が発生するのかどうか」そして早期に買主が見つかるように「どのような広告活動をしてもらえるか?」ということに関して不動産屋の担当者にしっかりと聞いておきましょう。